ヤミ金に手を出す前に、ブラックの人でも借りやすい街金を試してからでも遅くありません。闇金(ヤミキン)で一生返済が終わらず苦労する前に、ここなら貸してくれるマチ金があります。

闇金以外で今日すぐ借りれる消費者金融

闇金以外で借りれる所

大手消費者金融と中小金融業者の違い

特徴とメリット・デメリット

大手消費者金融(プロミス・AMBCモビット・アコム・アイフル・レイクALSA等)と名前を初めて聞くような中小金融業者、お金を借りるにあたってどう違うのでしょうか?
どちらも同じ消費者金融ですが、それぞれの特徴や得意分野は異なります。

ここでは大手消費者金融中小金融業者との違いを徹底して比較していきます。

金利

金利は同じ

金利は借りる金額が大きくなるほど低くなります。100万円以下の借り入れなら年18.00%で同じ利率です。金利だけ比較すれば、大手消費者金融も中小金融業者も大きな違いはありません。
繰り上げ返済や金利の日割りについても、大手か中小かに関係なく、各金融会社ごとに対応が異なります。

融資方法

大手はカードローンあり、中小は振り込み融資のみ

大手消費者金融はカードローンと振り込み融資から選択できます。
振り込み融資は自分が指定する銀行口座に振り込んでもらうこともできますし、消費者金融側が指定する銀行に口座を作れば、24時間365日振り込み融資に対応してくれるサービスなどもあります。
キャッシング用のカードを作る場合、自動契約機が近くにあれば1時間ほどでキャッシングできるようになります。

中小金融業者は振り込み融資のみです。指定口座に借り入れしたお金を振り込んでくれます。少ないとは思いますが、希望すれば事務所で手渡し対応してくれる所もあります。

審査

大手はマニュアル審査、中小は柔軟、審査なしは闇金

大手消費者金融は、初めて借りる人がまず行くところです。知名度もあって安心感があります。ただ顧客が多い分審査はマニュアル的で、効率的なのは早く借りれて良いですが、審査条件から少しでも外れると融資してもらえません。

中小金融業者は大手ですでに借りた人、大手で審査落ちして借りれなかった人、職業がホストや風俗嬢などで大手からは借りれない人などが申し込みます。個人の事情に柔軟に対応してくれるので、収入が低い場合はとりあえず少な目の融資枠から様子を見たり、勤続年数が短くても業界の傾向として理解してくれたり、基本的には貸す姿勢で審査します。

審査に通るかどうかが不安なあまりに「審査なし」で借りる方法を探す人がいますが、法律を守って営業している融資会社なら必ず審査はあります。「審査なし」を謳うのは闇金業者です。しかも闇金でも本当に審査しないで貸してくれる訳ではありません。ただそうやって集客するだけで、実際は審査があります。
お金を借りるだけ借りて、合法的に返済を踏み倒すために闇金から借りようとする人がいますが、闇金業者は法律を気にしないため報復が恐ろしいことになります。おすすめしません。

追加融資

大手はネット申し込み、中小は電話一本

大手消費者金融は、WEBから振り込み融資で契約した場合、ネットで追加分を申し込む形になります。最初に融資枠(30万円まで、50万円まで等)をもらう方式で契約した場合、その範囲内であればいつでもキャッシングできます。返済の実績ができれば、融資枠を増やしていくことができます。

中小金融業者の場合、追加で借りたいときは電話で申し込みできます。申し込みフォームでも追加申し込みできますが、電話で折り返しの連絡があるので、自分で電話した方が早く話が進みます。

総量規制

どちらも総量規制の対象になる

大手も中小も、消費者金融から借りる場合はどちらも総量規制の対象になります。生活費や趣味費用などを借りる場合、総量規制で年収の3分の1までしか借りれません。
ただし借りたお金の利用目的によっては総量規制の対象外になるので、年収以上の金額もローンを組むことができます。住宅購入や車購入、高額医療費や不動産を担保にする場合、他社からの借り換え、他社複数借り入れの一本化などが規制対象外のローンになります。

生活費でも総量規制の対象にならない、年収の3分の1以上の金額でも借りれるのは銀行のローンです。

即日融資

14時までに契約完了なら即日融資可能

大手消費者金融は借り方によって多少異なります。
振り込み融資の場合、15時以降の振り込みは翌日の処理となるため、14時までに契約を完了すれば当日中に融資完了します。14時以降にどうしても借りたいときは、銀行と提携して24時間振り込みに対応している金融業者がありますので、そこを選んで契約すれば借りれます(ただし、指定銀行に口座が要ります)。
カードローンの場合、カードを郵送にすると当日に借りれませんが、自動契約機でカードを発行すれば、申し込んでから最短1時間でキャッシングできるようになります。自動契約機の営業時間は各消費者金融によって異なりますが、だいたい7:00~23:00くらいの間で利用できます。

中小金融業者は振り込み融資のため、こちらも14時までに契約が完了すればその日のうちにお金を借りることができます。郵送・メール・FAX等で提出書類もやり取りできるため、小さい会社だからといって借りるのに時間がかかることもありません。

土日祝

土日祝・年末年始も借りれるのは大手消費者金融だけ

大手消費者金融は土日や祝日も審査を行うので、土日祝でも新規契約してお金を借りることができます。
銀行では土日や祝日は審査を行わないため、土日に申し込んでも翌営業日に審査をすることになります。したがって土日や祝日に新規契約はできました。ただし事前に契約をすませておけば、土日でもキャッシングはできます。

中小金融業者は振り込み融資なので、銀行が営業していないと融資ができません。したがって、土日祝だと審査が通っても、結局は翌営業日に融資実行となります。

返済方法、返済手数料

大手は返済方法が色々選べる、中小は振り込みか引き落とし

大手は返済の手数料無料、中小は手数料自己負担

大手消費者金融は返済方法が振り込みか口座からの引き落としか選べます。またここが一番大きな違いですが、自社ATM、提携銀行ATM、提携コンビニATMなど利用できるATMがたくさんあるため、振り込み返済が簡単で、自社ATMか提携先ATMから返済すれば、手数料は消費者金融側が負担してくれます。

中小金融業者は大手のような提携ATMがないため、普通の銀行振り込みでの返済となります。振り込み手数料も自己負担になります。

遅延損害金

どちらも法律を守って営業しているため、遅延損害金についても同じです。年率で20.0%となります。

借りれる人

20歳~60歳で収入がある人

年齢については大手も中小も大きく違いはありません。必ず成人していなければならないため、満20歳以上の人が対象となります。年齢の上限は60歳以上にも対応しているところもありますが、大手も中小も各会社によって異なります。

収入については、大手も中小もパートやアルバイトでも定期的な収入があれば融資の対象になります。
中小の場合、不労所得や年金も収入として認められますし、勤続年数が1ヶ月以内でも大丈夫です。また、無職でも企業の準備のため等の理由なら融資対象になります。収入に関しては中小金融業者の方がより融通が利く面があります。

必要書類

本人確認の書類(運転免許証、パスポート等)は必ず必要になります。
大手消費者金融の場合、50万円以下の借り入れの場合は必ずしも所得証明書を提出する必要はありませんが、他社ですでに借り入れしている場合、借入金額に関係なく提出を求められます。

中小金融業者の場合、借入金額にかかわらず収入証明書の提出を求められます。

銀行のカードローンの場合、その銀行に口座を持っていれば、本人確認なしで借りれるところもあります。銀行から借りるときは300万円以下なら所得証明書の提出が必須ではないため、書類提出なしで借りることができます。
auユーザーにおすすめの書類不要のWEB完結ローンはこちら

対応地域

大手消費者金融は日本全国に対応しています。地域によっては自動契約機の設置がない所もありますが、WEB完結できるローンなら振り込み融資で借りることができます。

中小金融業者は地域密着型のものもありますが、カードローンがなく振り込み融資のみのため、こちらも日本全国に対応している所がほとんどです。

銀行カードローン・大手消費者金融・中小金融業者の違い

銀行 大手 中小
金利 14.5~17.8% 18.0% 18.0%
WEB申込
振込
カード ×
手数料 なし なし あり
土日祝 借りれない 借りれる 借りれない

銀行カードローンの特徴まとめ

  • 年収の3分の1以上の金額が借りたい人向き
  • 低金利で借りれる

銀行カードローンを借りたい人はこちら

大手消費者金融の特徴まとめ

  • 土日や祝日、連休中に借りたい時でも契約できる
  • ATM等のサービスが充実していて使いやすい

大手消費者金融から借りたい人はこちら

中小消費者金融の特徴まとめ

  • 銀行や大手では審査に通る自信がない人でも借りれるチャンス有り
  • 藁にもすがりたい人向け

中小消費者金融から借りたい人はこちら

-闇金以外で借りれる所

Copyright© 闇金以外で今日すぐ借りれる消費者金融 , 2021 All Rights Reserved.