ヤミ金に手を出す前に、ブラックの人でも借りやすい街金を試してからでも遅くありません。闇金(ヤミキン)で一生返済が終わらず苦労する前に、ここなら貸してくれるマチ金があります。

闇金以外で今日すぐ借りれる消費者金融

闇金以外で借りれる所

『高齢者に貸してくれない』は誤解!

60歳以上でも借りれる無担保ローンは?


銀行からは借りれなくなりますが、信用金庫や一部の地方銀行はシルバー向けローンを用意しているところがあります。

各信用金庫のシニアライフローン
年金の受取口座に指定するのが条件
満60歳以上~最終返済時満80歳以下
融資額は100万円まで
金利は年2.5%前後

年金受け取り口座を条件に利用できるローン商品を設けることで、新規顧客の獲得になります。
高齢者層は人口も多く、年金という安定収入があります。信用金庫では貸出金額をコントロールすれば優良な融資先になると見ています。

70歳以上が借りたい時は不動産担保ローン

70歳以上で新規ローンを借りたい
100万円以上のまとまった資金を借りたい
年金受取口座を変えたくないけどお金が要る

満60歳以上で100万円以上の金額を借りたい人は、不動産担保ローンがお勧めです。
担保がある分、貸す側のリスクを避けることができるため、70代の方や80歳以上の方でも新しくローンを組むことができます。

また年金受取口座を信用金庫等に変更したくない・できない人も、不動産担保ローンなら口座に関係なく新規ローンを組むことができます。

70歳以上が借りれる不動産担保ローン

不動産担保ローン融資に必要なこと


高齢者が不動産担保ローンを借りるのに必要なのは、『担保不動産・返済原資・意思能力』の3つです。

担保不動産

共有名義OK
第二抵当以下でもOK

当たり前ですが、不動産担保ローンを組むなら担保にできる不動産が必要です。
申し込み・契約する人の名義のものであれば、共有名義のものでも構いません。持ち分融資も対応しています。第二抵当以下の不動産でも、担保として余力があれば融資は可能になります。

返済原資

返済原資:月々返済に充てられるお金のこと。年金でもOK。

自営業などで少しでも収入があるという人や、家賃収入や投資などでの収入がある人は、その中から毎月返済のために充てられるお金があれば大丈夫です。
年金も収入になりますので、返済に充てる分があれば何歳でも融資の対象になります。

意思能力

意思能力:契約などを行う際に、その契約の内容を理解する精神能力のこと。診断書は不要。

意思能力というと耳慣れないかもしれませんが、判断能力と考えてもらって構いません。
不動産担保ローンを組むとなればローンの内容について融資会社のスタッフや司法書士と話し合うことになりますが、その際に普通に受け答えできていれば大丈夫です。
何かテストを受けたり、医師の診断は必要ありません。

借りたお金は使いみち自由!

介護費用
高額医療費
リフォーム費用
固定資産税など税金の支払い
etc…

融資した資金の使い道は自由です。
融資会社のスタッフからは使い道を聞かれますが、聞いたからといってそれで審査が不利になることはありませんので安心してください。
融資についての法律は複雑で、条件によっては融資できる額に規制があったり、反対に規制の対象外にできるものもあるため、最適なローンを案内するためのヒアリングをしています。
「こういう理由でいくら借りたい」と相談すれば、希望額借りるために取れる方法などアドバイスしてくれます。

70歳以上が借りれる不動産担保ローン

-闇金以外で借りれる所

Copyright© 闇金以外で今日すぐ借りれる消費者金融 , 2021 All Rights Reserved.